技術的には、誰かとやりとりした電子メールを開いて見ることもできます。

電子メールの内容を第三者に知られたくなければ、暗号化することもできます。
しかし、専門的な知識が必要で、また手間がかかるため、暗号化されないままそのままやりとりされることがほとんどです。

次へ